支援センターの人が来ました

先日、支援センターの人が家に訪問に来ました。

どういう経緯で受給証を申請することになったのか
子供の様子はどんなか
心配に思っていることはどのようなことか
1日の生活の様子はどのようなものか
親が子供にどうなって欲しいと望んでいるのか
などなど、色々質問されました。

保健所の育児相談で言葉の遅れを指摘され、療育を勧められた経緯を話し
言葉の他に、お米しか食べないことや他の子供が苦手なことなど
不安に思っていることと、それらを克服して、来年の幼稚園にスムーズに入園出来る様に。
そんな感じのことを伝えました。

普段家族以外の人が家に来ることはほぼないので
息子は自分の家に知らない人がいることが慣れず
ずっと私にべったりでした。

ヒアリングと契約書にサインを終えて、初回は終わりです。
ヒアリングの内容を元に、支援センターの人が利用計画案を作成して
後日また訪問してくれます。
その際にお薦めの発達支援事業所を紹介してくれるそうです。

そして、最初の訪問から1週間後、利用計画案を持って2度目の訪問です。

前回のヒアリングの確認と、計画案の内容で問題がないかチェックし
お薦めの事業所を2箇所と、発達支援サポートを行っているクリニックを紹介してもらいました。
それと補助は出ませんが、学習教室も教えてもらいました。

それらに電話をし、まずは見学。
空きがあるかどうかにもよるところではありますが
いずれかの事業所に決めたら、支援センターに連絡。
支援センターの人も介して契約しないといけないようです。
そして支援センターから区へ連絡が行き、受給者証発行へと繋がっていくそうです。

事業所をいくつか紹介して、あとは自分でやってねで終わりではなく
子供が発達支援を必要としなくなるまでずっとサポートしてくれそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る